セラピスト紹介

ホメオパシーセンター世田谷下北沢・藤川由紀さん

img_fujikawa

幸せも健康も美しさも、求めるものは常に自分の内側にある

img_kon

藤川由紀さん プロフィール

ホメオパシーセンター世田谷下北沢センター長。合同会社モアナチュラル代表。ホメオパシー&ナチュラルケアサロン PURILEAF代表。
ホメオパシー療法士(英国ホメオパシー医学協会 認定ホメオパス、日本ホメオパシー医学協会 認定ホメオパス)、杏林予防医学アカデミー 環境細胞デザイン学認定講師、アロマテラピーインストラクター

ホメオパシーセンター世田谷下北沢
東京都世田谷区北沢 下北沢駅 北口徒歩3分
ホームページ:http://www.purileaf.com/
ブログ:http://ameblo.jp/yuyuha/

一人一人が持つ「治す力」を引き出す

編集部 セラピストになる前、何をされていましたか?vol02_photo03

藤川 過去を振り返ってみると、運命が私に与えてくれた環境はまっすぐではなく、振り子のように両極に揺られながら、随分翻弄されました。
カトリックの女子高から、工学部電子工学科へ進学。
就職先は、システム系の会社へ行くはずが、土壇場で変更になり、大手総合商社へ。

表面的には楽しい思い出もたくさんありますが、それでも、幼少のころから抱えていた『どこにいったら自分の居場所があるのだろう』という想いは常に消えることはありませんでした。もともと家族の中でも居場所見つけることを難しく感じていたのですが、就職と同時に、家族が海外に転勤することになり、今まで4人で住んでいた実家に、独りで住むことにもなりました。

当時を振り返ると、笑ってしまうくらいひどい生活でした。
暴飲暴食。慢性的な寝不足にタバコ。当然、肌もボロボロ。生理痛や肩こりで、薬を常用し、ついでに摂食障害もありました。
そんな生活に疲れたのか、25歳で結婚することに。会社を退職し、ようやく安住の地を見つけられる、と思っていたのですが、実はここからが一番大変で、試練の道でした。27歳で子どもを授かりました。

編集部 セラピストになったきっかけとなる出来事はありましたか?

vol02_photo02藤川 専業主婦で子育てをしている間、自分の時間を使って沢山のことを勉強しました。子どもの体が弱かったので、その中で、自然であることの大切さ、健康の大切さを痛感しました。
アロマテラピーの資格を取り、それを応用して、化粧品や石鹸、身の回りの様々なものを作りました。
おかげで髪や肌がかなり改善されましたね。合成界面活性剤や添加物についても、疑問に思いだした頃です。

それとは裏腹に、どうにもならないのが、『居場所がない』という気持ち。
頑張っているのに、ちっとも幸せじゃない。どうすればこの苦しい状況を抜け出せるのか? 必死になって考え、もがいていました。
答えが欲しい。本当のことが知りたい。状況に左右されない真実を手に入れたい、という想いが、いま思うと、セラピストの道へのきっかけとなったと思います。

元来、勉強好きで探求心旺盛な方なので、セラピーの世界へどんどんのめり込んでいきました。アロマテラピー、ホメオパシー、整体、サプリメント、解剖生理学・病理、アーユルヴェーダなどなど。チャクラリーディングや数秘学、パワーストーン、ホロスコープなど、スピリチュアルなこともかなり勉強しました。その知識のどれもが、今の基盤となっています。

編集部 様々なセラピーを学ばれて、分かったこと、気づいたことはありますか?

vol02_photo05藤川 どのセラピーにも一長一短がありますが、なかでも私自身は特にホメオパシーを通じて、多くの体験と学びがありました。
日常の怪我や風邪、というレベルから、慢性的な症状、精神面、人生の向き合い方という問題まで、まったく自然な方法で滞りを解放していくホメオパシーという療法。
不思議な体験も数々ありました。ひどい痛みが、瞬時に嘘のように消えてなくなったり、好転反応で過去になぐられた部分が再び痛みだし、その後、その時の苦しい感情を浄化してくれたり。人に気に入られたかった自分、愛されたかった自分にも気づきました。

セラピーを学ぶと同時に、実際に癒しのプロセスを自身で体験しわかったことは、

・カラダとココロを切り離して考えてはいけない、ということ。
・病気には、かならず原因がある、ということ。
・カラダの不調、ココロの不調は、自分自身からの大きなメッセージだということ。
・何かに頼っていたり、その場しのぎでは、真の健康は手に入らないということ。

そんな経験を通して、幸せも健康も美しさも、求めるものは常に自分の内側にある。自分のココロを満たすのは自分自身。自分のカラダを治すのも自分自身。ということがわかりました。
過去と他人は変えられない。変えられるのは、未来と自分だけ。自分が強くなろう。自分を信じてみよう。
そんなことが身にしみてわかるようになったころ、予言書をひらきにいったインドでは、面白い体験をしました。
全ては無駄ではなかった。これでよかった。この私でいいんだ、と。長い時間をかけて、沢山の段階を踏んで、遠回りして、そしていまここにいること。
そんな自分という存在そのものが、許されているということを肌で感じる体験でした。
そして、その体験から、運命が私に与えてくれた環境、様々な価値観、経験、を必然として受け入れるなら、いまの私に何ができるだろう? どう貢献していけるのだろう? と思うようになり、現在に至ります。

編集部 サロンの紹介をしてください。どのような活動をしていますか?

img_fuji3藤川 現在、世田谷区の下北沢にて、ホメオパシーセンター世田谷下北沢を主宰し、ホメオパシー療法士・健康セミナー講師として活動しています。
以前の私のように、ある意味慣れっこになってしまっている、体や心の不快な症状や病気に、いま一度、目を向けてほしいと思っています。
頭痛や生理痛、痛み、不眠、痒み、花粉症などなど、特に重病ではないから、と一時的にやり過ごしている症状や、そうでなく治療のためにずっと薬を飲んでいるという方も。

また、薬はやめたいけれど、個々の事情で縁を切ることができない方。
一時しのぎでない、一生ものの健康と、力強く美しい生き方を手に入れるために根本的に取り組んでみませんか?
ホメオパシーはもちろん、自分自身の運命を知るための数秘術などの使ったメニューは、どれもあなた自身の力を引き出してくれるツールです。
また、真の健康を手に入れるための生活習慣や食事についてもアドバイスしています。
様々なセラピーを学んだ私が、これは有効だ、と選りすぐったメニューをご提供してお待ちしています。
特にホメオパシーは、続けることで、最終的にホメオパシーすらいらなくなるという、自分本来の真の健康に近づけるものとして、また、パワフルな治癒力と安全性で、赤ちゃん、妊婦さんにも使えるということで、大変有効です。

慢性的な疾患(アトピー、花粉症などのアレルギー疾患や女性疾患、その他様々な病気、痛み、心の問題)に、お薦めです。
全ての療法には、メリットとデメリットがあります。
自分には、どの療法が合うのかわからない方は、お気軽にご相談ください。

編集部 クライアントの変化など、心に残ったエピソードがあれば教えてください。

vol02_photo06藤川 カラダやココロが病気の状態の時、それは、クライアントさん自身が思っている以上に、不安定な状態なのだと見ていて感じます。
薬を飲んだり、塗ったりして、症状を見えないように抑えていても、無意識にどこか「?」を感じているのですね。
それは、元気になった時にわかります。クライアントさんの体全体から出ているエネルギーが変わり、目がキラキラと輝くのです。

「楽になった」「気にならなくなった」「幸せに生きられるようになった」そんな言葉をいただきます。

クライアントさん一人一人が持つ、「治す力」を見せていただいて、私の方がいつも感動をもらっています。
あるアトピーのお客様は、様々な療法を試し、それでも改善されず、ホメオパシーカウンセリングを受けに来て下さいました。
最初の一回で随分と改善が見られましたが、その後続けていくことで、症状の改善と同時に、抑えていた本当の気持ちに気付いていきました。仕事のこと、家族のこと。沢山のことを見つめ直し、乗り越えていかれました。「最初は、このアトピーだけ治してくれれば、それでいい、と思っていたのにね。自分のこと何も分かっていなかった」
と晴れやかな顔で笑っていたのが印象的です。
アトピーと滲出性中耳炎のお子さんは、症状が改善するだけでなく、今まで引っ込み思案で、友達と上手く接することが出来なかったのに、お友達を家に引っ張ってくるような積極性があらわれて、これにはお母様もびっくりしていました。

編集部 セラピストとして皆さんに伝えたいことはありますか?

藤川 自然療法と言うと、ひとつの「思想」のような印象を持つ方もいらっしゃるかもしれません。
自然でなければならない。薬は使ってはいけない。無農薬のものを食べなければいけない。などなど…。
「○○でなけばならない」そんな想いも、時には必要ですが、そのこだわりを持ち続けることは、ある意味病気の元だと思います。
健康になることの一番のメリットは、「自由」になることではないでしょうか?
自由に動ける幸せ。快適で自由な時間。恐怖や不安にとらわれずチャレンジすることを選べる自由。
ちょっとやそっとでは動じないカラダとココロを持つことで可能性が、選択肢が、グンと増えていきます。
どうか、病気をただ切り捨てるのではなく、逆に病気とお友達になるのでもなく、今はまだ眠っている、でも必ずあなたの中にある力を引き出す療法やカウンセリングで、元気になってください。
健康と幸せに関するさまざまなセミナーも行っています。
全ての出来事は、ほんの小さなきっかけから。
病気ってほどでもないから、別にいいわ、なんて思わないで、病気なんだから、自分で治すなんて無理だわ、と諦めないで、より安全で、自分の力を引き出す方法で、一緒に向き合っていきましょう。
その先にはきっと、今よりもっと大きな青空が広がっていますよ。

編集部 薬で症状を抑えながらも無意識にどこか「?」を感じている、という言葉にはハッとさせられました。ココロやカラダの声に気づいたら、後回しにせずしっかり向き合うことが大切ですね。ありがとうございました。

編集/中平知見

ホメオパシーセンター世田谷下北沢
東京都世田谷区北沢 下北沢駅 北口徒歩3分
http://www.purileaf.com/
http://ameblo.jp/yuyuha/
この記事を書いたひと
フィリ編集部

フィリ編集部

投稿者の記事一覧

フィリは、ニューエイジ・ムーブメント、精神世界、 トランスパーソナル心理学に関するワークショップ、 セミナーのリアルタイム情報誌『FILI』として、1990年~2002年まで定期刊行を続けてきました。 まるでコンサートに行ったり、映画を見るように、 こうしたジャンルのセミナーやワークに気軽に参加できるようになれるといいね、 と精神世界の『ぴあ』を目指して有限会社フィラ・プロジェクツが1990年に雑誌としてスタートしました。
内容は、日本で実際に参加できるワークショップやセミナーなどを紹介する情報に加え、 アメリカ情報、ワークを受けた体験記などのページと、 自分の中心をしっかりもって意識的に生きている人々のインタビュー記事で構成しています。

イルカ結婚相談所

関連記事

  1. img_rose ROSE in your HEART・松田敬子さん
  2. img_horon 上質人生プロデューサー・金蔵院葉子さん
  3. img_04 取り組むべきテーマがボトルに現れる「オーラソーマ」
  4. img_voicetherapy Voice Therapy 時野慶子さん
  5. 170129_2 サイキックリーディング&クリスタルセラピーヒーラー・マユリ先生
  6. レイヤー 32 ヒマラヤン・ヨガ&ヒーリング アミット・チェトリさん
  7. img_temple2 リトリートスペース*Temple of New Dawn*創設者…
  8. ミラノ/イタリアでの講習会風景 リバランシングプラクティショナー・坂梨友春さん

カテゴリー記事一覧

  1. eyecatch_meiso
    INTRODUCTION

  2. image_large
  3. event
PAGE TOP