人名辞典

ティク・ナット・ハン

42146313_m

ティク・ナット・ハンは1926年ベトナムに生まれ、16歳で出家。社会福祉青年学校、ヴァン・ハン仏教大学、テイプ・ヒェン(相互存在)教団などを創立する。ベトナム戦争中、行動する仏教者として、積極的に被災者、難民を救済。率直な平和提案のため、帰国不能になり、合衆国を経てフランスに亡命する。
キング牧師によってノーベル平和賞に推薦される。また、パリ平和会談の仏教団代表でもある。
現在は、南フランスでプラムビレッジという共同体を作り、そこを拠点に瞑想の指導や難民救済に働きながら、外国へも出かけていく。
Interbeing(相互に存在し合うこと)をものの見方の基礎に、Mindful(心を今にとどめること)に生き、現実に行動していく(Engaged Buddhism)。こうした彼の教えの中では、瞑想することと現実に関わることとが、見事に融合している。

関連ページ:ウォーキング・メディテーション

 

この記事を書いたひと
フィリ編集部

フィリ編集部

投稿者の記事一覧

フィリは、ニューエイジ・ムーブメント、精神世界、 トランスパーソナル心理学に関するワークショップ、 セミナーのリアルタイム情報誌『FILI』として、1990年~2002年まで定期刊行を続けてきました。 まるでコンサートに行ったり、映画を見るように、 こうしたジャンルのセミナーやワークに気軽に参加できるようになれるといいね、 と精神世界の『ぴあ』を目指して有限会社フィラ・プロジェクツが1990年に雑誌としてスタートしました。
内容は、日本で実際に参加できるワークショップやセミナーなどを紹介する情報に加え、 アメリカ情報、ワークを受けた体験記などのページと、 自分の中心をしっかりもって意識的に生きている人々のインタビュー記事で構成しています。

イルカ結婚相談所

関連記事

  1. 42146313_m ジョセフ・ヘラー
  2. 42146313_m モーシェ・フェルデンクライス
  3. 42146313_m マーク・カフェル
  4. person アイダ・ロルフ

カテゴリー記事一覧

  1. image_medium

  2. filip_bg_012
  3. eyecatch_meiso
PAGE TOP