パワーストーン

マユリ先生 癒しフェア東京2016で講演&ワークショップを開催!

eyechatch

マユリ先生 癒しフェア東京2016で講演&ワークショップのご案内☆彡
7月30日(土)東京ビックサイト 癒しフェア会場(東京)

癒しフェア東京 講演&ワークショップのお申込み方法、料金など詳細はこちらへ☆彡

ペンジュラム(ダウンジング)マスター講座って何をするの?

ペンジュラムとは振り子の一種で、かつては水脈や鉱脈を探すのに使われた大変実用的なものでした。今でも、目に見えないエネルギーを感知するのに使われており、パワーストーンのエネルギーや、人間の気(チャクラのエネルギー)を測定するのにもちいられます。

penjulum

ペンジュラムが回らない人は稀ですが、一般的な正答率は6割程度と言われています。講座では、正答率100%の本当に使えるダウンジングを習得します。

ペンジュラムができると、どんなメリットがあるの?

あらゆるモノの波動(エネルギー)がわかるようになり、本当に品質のよいもの、自分にあったものが、見分けられるようになります。

  • サプリメントや化粧品など、見た目では中身がわからない製品の品質がわかる
  • 自分にあったパワーストーンや、アロマが選べるようになって運気あがる
  • 高波動の水や食べ物を選べるようになり、自分や家族の美容と健康に貢献
  • チャクラのエネルギーや、気の流れがわかるようになり、健康増進に役立つ
  • 直感が磨かれて、仕事にプライベートに活用
  • セラピストが、お客様の気の流れやチャクラがわかるようになり、施術に活用できる


癒しフェア東京 講演&ワークショップのお申込み方法、料金など詳細はこちらへ☆彡
  ↓ ↓ ↓ ↓

同じ講座が少人数で開かれます。少人数でみっちり習得したい方はこちらへ☆彡
  ↓ ↓ ↓ ↓

ペンジュラムマスター講座の続きを受けたい方はこちらへ☆彡
  ↓ ↓ ↓ ↓

DSC_0575MAYURI
サイキックリーダー・クリスタルセラピスト、ヒーリングスクール&パワーストーンショップ、The Jewel in the Lotus & Heavenly Crystal主催


およそ2,000人のオーラをリーディングした経験から、独自のクリスタルセラピーを考案、200名以上の門下生を輩出し、卒業生は各地で開業している。また、あらゆるヒーリングに必須の透視能力を、一般の方でも本格的に習得できるように、独自のリーディング教授法を確立。リーディング講座・クリスタルセラピー講座・クリスタル前世セラピー講座を教授。癒しフェアでは、ペンジュラムマスター講座、セラピーネットカレッジで、スピリチュアルヒーリング講座の講師も務める。
MAYURI先生の動画はこちら⇒http://www.therapynetcollege.com/courses/ch/ch66.html
HP:http://www.heavenly-crystal.com/
この記事を書いたひと
フィリ編集部

フィリ編集部

投稿者の記事一覧

フィリは、ニューエイジ・ムーブメント、精神世界、 トランスパーソナル心理学に関するワークショップ、 セミナーのリアルタイム情報誌『FILI』として、1990年~2002年まで定期刊行を続けてきました。 まるでコンサートに行ったり、映画を見るように、 こうしたジャンルのセミナーやワークに気軽に参加できるようになれるといいね、 と精神世界の『ぴあ』を目指して有限会社フィラ・プロジェクツが1990年に雑誌としてスタートしました。
内容は、日本で実際に参加できるワークショップやセミナーなどを紹介する情報に加え、 アメリカ情報、ワークを受けた体験記などのページと、 自分の中心をしっかりもって意識的に生きている人々のインタビュー記事で構成しています。

イルカ結婚相談所

関連記事

  1. 160930_02 東京スクール&セッション 10月21日(金)~23日(日)
  2. 40752957_m 幸せな結婚が意図的にできる時代がやってきました(7)
  3. IMG_2096 アナスタシアとの出会い
  4. 10873832_m スコット・シャノン インタビュー  子どもたちに何が起きているの…
  5. 170129_2 サイキックリーディング&クリスタルセラピーヒーラー・マユリ先生
  6. 161216_01 東京セッション&サイキックリーディング入門のご案内 3月2日(木…
  7. 11792838_m 幸せな結婚が意図的にできる時代がやってきました(5)
  8. backnumber センサリー・アウエアネス ワークショップ ジュディス・O・ウエー…

カテゴリー記事一覧

  1. eyecatch_meiso
    INTRODUCTION

  2. image_large
  3. event
PAGE TOP