セラピスト紹介

ヒーリングルームヒレーガーデン・北本しのぶさん

eyechatch

人生は苦しんで学ぶものではない

kitamoto

北本しのぶさん プロフィール

ヒーリングルームヒレーガーデン代表。フラワーエッセンスプラクティショナー、ハーバルセラピーアドバイザー、米国リコネクション本部認定リコネクティブ・ヒーリング・ファウンデーショナル・ プラクティショナー、リコネクション・サーティファイド・プラクティショナー、他

ヒーリングルームヒレーガーデン
東京都上目黒 中目黒駅より徒歩8分
オフィシャルサイト:http://reconnection.hylegarden.com/

それが本来の道であるならば、楽で簡単でスムーズに物事は進む

編集部 セラピストになる前はなにをしていましたか

北本 国内外で旅行業に携わっていました。ツアーコンダクターや、カナダのイエローナイフというオーロラが見える街のツアー会社のツアーデスクに勤務したり、帰国後は日本を訪れる海外からのお客様の旅行を請け負う、インバウンド業務に携わっていました。

vol03_photo02編集部 セラピストになったきっかけはありますか

北本 もともと精神世界のことや、心と体の関係などにとても興味があり、勉強というか、様々な本をよく読んでいました。いまとはちがって全く「スピリチュアル」という言葉が浸透していない頃に、そういうことが分かり合える友人とひっそりと話し込んだりしていました。旅行会社で働いていた間に、私自身もふくめて、抱えるストレスによって心身のバランスを壊し病院にいくひとを何人も目の当たりにしました。もともと人の話をきくことが好きで、わりと得意だった私は、旅行会社勤めの頃も何人もの人の悩みをきく機会がありました。でもその頃は、話をきくことしかできませんでした。的確なアドバイスなんてきっとできていなかったと思います。その人が少しでも楽になって、これから先良い方向に進めればいいなとただただ思いながら。

そして徐々に、それならば、そういうことを実際にサポートできる人間に私がなればいいのだと漠然と思ったのでした。気持ちが楽になってもらいたい、癒したい、という気持ちが大きく膨らんでいきました。

そんなときに、とあるスピリチュアルカウンセラーとアストロジストの方に、「ヒーラー」や「セラピスト」といった職にとても深い縁があるといわれる機会がありました。そして自分自身もヒーリングに深く関心があったのと、様々なご縁から、DTWフラワーエッセンスとリコネクションに出会いました。DTWフラワーエッセンスに出会ってからはすぐに「私が深く学ぶべきものだ」と感じました。リコネクションにいたっては「直ちにリコネクションを受けて、こんなに画期的なヒーリングなのだから大切な人たちにも伝えたい」とすぐにプラクティショナーの資格もとりました。リコネクションをうけてから、「セラピスト(癒す人)」になる道がはっきり見え、しかもそれに向かって人生が加速しているのを実感しました。そしてこれが今生の目的なのだと確信しました。

編集部 それらの出来事から学んだことはありますか?

北本 私自身、旅行会社で働いている間に「ストレスをかかえるってこういうことだよ」といわれんばかりに心と体に様々な現象があらわれました。たちまち病院の診察カードがお財布にいっぱいになった時期もありました。いま思うと身をもって「勉強した」といえると思います。だからこそ、あのとき色々な人の話をきいて共感できたし、少しでも苦しみを分かち合えたのだと思います。そのときの気持ちを忘れずにいまもクライアントさんと接することが大事だし、あのとき様々な苦しい経験ができてよかったと思っています。

編集部 サロンの紹介をしてください。どのような活動をしていますか?salon-hyle

北本 ヒーリングルームヒレーガーデンでは、リコネクション、リコネクティブヒーリングをご提供いたしております。ハーバルグッズの通販サイトも運営しており、そちらでフラワーエッセンスの販売を行うと共に、フラワーエッセンスカウンセリングも行っています。

編集部 クライアントの変化など、心に残ったエピソードがあれば教えてください。

北本 ・リコネクションを受けたクライアントさんその1vol03_photo03
仕事がとてもハードで、精神的にもぼろぼろ、体調も崩しがちになり、でもなんだかんだずるずると辞められずに時間ばかりがすぎていました。
自分が辞めるべきか続けるべきかも全然考えがまとまらなかったそうです。
とにかく辛くて、どうしていいのかわからなくて、リコネクションを受けられました。セッション後、数日のうちに、はっきりと会社を辞めることを決意したそうです。辞めなくてはいけないと。
リコネクションを受けたのが年末だったので年が明けてから会社に辞職の旨伝え、有給消化中に就職先がとんとん拍子で決まったとのこと。
その仕事は本来やりたいと思っていたこととは少し違っていたようですが、いまはその環境がとても自分にあっていて、職場での人間関係もとても良好。
自分がその職場で求められている、大切にされているということを深く実感する毎日でとても充実した日々を送っているそうです。
また、それにより自分自身のことをきちんと考えるようになったともおっしゃっていました。いままで好きだと思っていたことが、よく考えると好きではなかったとか、自分で見てみぬふりをしてきたこと、また、根本までしっかり考えていなかったことをきちんとみて、違うと思っていたことが正しいとか、正しいと思っていたことが違っていたとかそういうことを認められるようになったということです。

・リコネクションを受けたクライアントさんその2
リコネクションを受けてから約半年後、区から無料がん検診券がきたのでせっかくなのでそれを利用して検診をしたら4、5年の間なかなか治らなかった子宮内膜症が完治していた。半年ぐらい前まではまだあると医師にいわれていたので最初は耳を疑った。原因ははっきりわからないけれど、リコネクションのおかげだと思えてならないとのことです。

・フラワーエッセンスカウンセリングを受けたクライアントさん
自分自身の中で押し殺していた感情をカウンセリングによって吐き出せた。それをきっかけに、なぜいままで感情を出せなかったのかという原因がわかりました。そしてその原因を癒すフラワーエッセンスを飲み始めしばらくすると、職場であれだけ苦しめられていた人間関係が徐々にスムーズにいくようになりました。その原因は相手ではなく実は自分の幼少時代の親子関係にあったということだったのです。

編集部 最後に皆さんに伝えたいことはありますか?

vol03_photo05北本 「リコネクション後の人生の道とは、それが本来の道であるならば、楽で簡単でスムーズに物事は進む」
私も実にその通りの人生を歩んでいるのだなといま確信しています。人生は苦しんで学ぶものではなく、楽しむということを経験するもの。
楽しまなければこの世に生まれてきた目的はなにも果たせないのだと思います。ぜひ「楽しい」と感じることのより多い生活を送ってください。
そして、病は気からというように、ストレスは必ず肉体を蝕みます。ですので、心の健康を軽視しないでください。自分を大切にすると自然に周りにも優しくなれるのだと思います。

編集部 リコネクションで思い込みから解放され、直感を受け取れるようになれば、人生の選択に迷うことも少なくなるのでしょうね。ありがとうございました。

編集/中平知見

ヒーリングルームヒレーガーデン
東京都上目黒 中目黒駅より徒歩8分
http://reconnection.hylegarden.com/
この記事を書いたひと
フィリ編集部

フィリ編集部

投稿者の記事一覧

フィリは、ニューエイジ・ムーブメント、精神世界、 トランスパーソナル心理学に関するワークショップ、 セミナーのリアルタイム情報誌『FILI』として、1990年~2002年まで定期刊行を続けてきました。 まるでコンサートに行ったり、映画を見るように、 こうしたジャンルのセミナーやワークに気軽に参加できるようになれるといいね、 と精神世界の『ぴあ』を目指して有限会社フィラ・プロジェクツが1990年に雑誌としてスタートしました。
内容は、日本で実際に参加できるワークショップやセミナーなどを紹介する情報に加え、 アメリカ情報、ワークを受けた体験記などのページと、 自分の中心をしっかりもって意識的に生きている人々のインタビュー記事で構成しています。

イルカ結婚相談所

関連記事

  1. img_temple2 リトリートスペース*Temple of New Dawn*創設者…
  2. img_voicetherapy Voice Therapy 時野慶子さん
  3. img_fujikawa ホメオパシーセンター世田谷下北沢・藤川由紀さん
  4. 170129_2 サイキックリーディング&クリスタルセラピーヒーラー・マユリ先生
  5. ミラノ/イタリアでの講習会風景 リバランシングプラクティショナー・坂梨友春さん
  6. img_04 取り組むべきテーマがボトルに現れる「オーラソーマ」
  7. img_horon 上質人生プロデューサー・金蔵院葉子さん
  8. img_rose ROSE in your HEART・松田敬子さん

カテゴリー記事一覧

  1. eyecatch_meiso
    INTRODUCTION

  2. image_large
  3. event
PAGE TOP