体験取材

リコネクティブヒーリングで本来の自分に出会う

P1010736
今回は、ROSE in your HEARTの松田敬子さんにご協力頂き、パワフルなヒーリングとして人気のリコネクティブヒーリングを体験してきました。全く新しい周波数を使ったリコネクティブヒーリング、体験者はヨーガセラピストのシホさんです。何かを感じたりビジョンを見るひともいれば、何も感じないひとも。ヒーリング中の感じ方はひとそれぞれですが、その後の人生が加速するという点は共通しているようですよ!

魂が喜ぶことを見つければ、自然と水は淀みなく素直に流れていく

P1010726
セッション前にリコネクティブヒーリングについての説明を受けました。
リコネクティブヒーリングはリコネクティブ周波数が運ぶ光と情報にアクセスすることにより、自分本来の豊かさに再結合し、肉体、精神、感情、霊性のバランスを取り戻すヒーリングなのだそうです。プラクティショナーは宇宙とクライアントの間で触媒的な役割を果たすだけで、何が起きるか松田さんにも分からないとのこと。
説明を受けているとき、突然喉の奥がきゅっと閉じてイガイガし始め、咳がどんどん出てきました。

からだが意図せず動き出した!

説明が終わり、ベッドに横たわりました。
一瞬ですが暖かい風が流れてきてからだを包み込みました。
その後すぐからだ全体が動き始めました。まったく自分が意図しない動きがどんどん強くなっていきました。
びっくりするというよりは、どうすることもできないという感じだったので、目を閉じたまま受け入れ、この動きを観察をしようと思いました。
そして、ラジオのノイズのようなザーザーという音が聞こえてきました。
セッション用に流れていたホワイトノイズかもしれません。
とても気持ちよい音だなあと聞き入っていたら、腰の辺りがいきなり強い力で浮き上がったようになり、ゆれたり、左右上下に引っ張られるような力を感じたり、回転をはじめたりとかなり激しい動きになりました。
(もちろん、松田さんは私のからだには触れていません。)
強い力が少しひいたなと思ったら、くねくねとうねりはじめ、それが背骨に伝わってきました。 やがて背骨の奥のほうが熱くなり螺旋の動きになりました。胸や首、頭、両手両足、指先や足先まで小刻みに動き始めました。
全身からなにかがあふれ出てくるような気配が動きに変わっていくという感覚でした。

ビジョンの中で自分と出会う

P1010731
そのうちに眉間のあたりの感覚が急にはっきりしてきて、「空から地上を見下ろしているわたし」のビジョンが見えてきました。
どこかで見たことがあるその景色には、山頂に大きな杉の木があり、神社のような建物があります。
山麓からつづく長い参道のはじまりには赤い鳥居がみえました。
とても懐かしい気持ちでその景色を見下ろしていると、だんだんとその風景が小さくなってしまい、わたしはさらに空高く上昇していきます。高いところをグルグルと旋回しながら、小さくなった建物を見下ろしています。
どこへ行くんだろう?と思ったとき、突然わたしのそばに禅のお坊さまのような方(達磨大師のような厳しいお顔の方)が現れました。「あ、この方はわたしだった人だ」と思っているわたしがいました。
そしてその方から「もう厳しい修行はやらなくてよい。修行は終わった」というメッセージを受け取ったように感じました。
「そうなんだ。やっぱりもうつらい修行は必要ないんだ・・・・・・」と思ったら、また急に上昇がはじまりました。
そして、さらに高いところへいきました。

インド哲学の世界を垣間見る

次に見えてきたのは白と黒のモノトーンの世界で、私は実際にその風景の中に立っていました。
水墨画のようなその幽玄世界には、音も風もなく生き物もいません。
わたしは暗く奥深いその閑寂な世界の、あまりにも高貴な美しさに目を奪われました。
静かなその美しさに懐かしさを感じて切なくなり、涙がこみあげてきました。
しばらく眺めていると、さきほどのお坊さまが「学んでいるインド舞踊の世界はこれだ」とおっしゃいました。
私は「ああ、そうか。moksha(モークシャ)とはこのことなのか」とうなづきました。
※moksha=オリッシー(東インド古典舞踊)の舞台の最後に踊られる演目のこと。この世のすべての苦しみからの解放、神との一体、魂の平穏への願いや祈りの踊り。インド哲学における「解脱」の概念を意味する。

いのちのつながりに感謝し、わくわくを思い出す

P1010733
そしてまたわたしはどんどん上昇しはじめました。
夫やこどもたち、両親、それぞれの祖父母、曾祖父母・・・・・さらに知らない人たちの顔が目の前に走馬灯のようにめぐりはじめました。
不思議な気持ちで眺めていると、突然「あ!みんなわたしのご先祖さまなんだ!」と気づき、いのちのつながり、わたしのうしろの大きさを感じ感謝しました。私はとても穏やかな気持ちになっていました。

ふと気がつくと、急に目の前の視界が開けて、先ほどとはまったくちがう景色になっていました。そこには広大な草原と色とりどりの花が満開の、美しい光の輝きに満ちている世界がありました。なんて美しい世界なんだろう!と低空飛行で自由に飛びまわり、こどものようにわくわく楽しんでいました。

急に背中に羽が出てきて、からだが軽くなり、さらに加速がはじまりました。ものすごい速度で空間を飛んでいると、両側にいる存在に気づきました。姿は見えないけれど背中に羽が生えている人のような存在がわたしの両脇をつかみ、さらに加速します。どんどん上昇していき、お花畑は小さくなっていきました。
そのお花畑には、シャボン玉のような透明でキラキラしている、丸くて大きなものがふわふわと無数に浮遊していました。
シャボン玉のようなその玉は、透明なのにシャボン玉よりもっと質量があるようでした。
「いったいこれはなんだろう?」と思いながら眺めていたところ、両脇の羽の生えたひとたちから「みんなここからきたんだよ」と教わりました。「やっぱりみんなここから来たんだ!」と納得したら、お花畑はさらに小さくなり、視界からなにもなくなりました。

自らを癒す内なる対話

P1010738
とつぜん意識が現実の肉体に向かい始め、全身が激しく動いてるのを感じました。
先天性の股関節臼蓋形成不全の足、1度寛解したのにすぐ再発してしまったバセドウ病、ずっと苦しんでいる頚椎のムチウチに思いをめぐらせているわたしがいました。
つらい副作用のため、やめたいのにやめる勇気がない抗甲状腺薬のこと、病気の原因。
それは決して悲観的ではなく冷静に自分に問いかけているようでした。
「楽しんでないからだよ」という自分の声が聞こえました。
「いいたいことをいつもがまんしてる。相手からどう思われるかことばかり考えて、その言葉が正しいかどうか、大変なことにならないかばかり考えている」
そう話しかける自分の声にわたしは「たしかに何事も楽しんでいないね・・・・・・」「楽しんでやることより、完璧にきちんとやることばかり考えてる」と答えているようでした。

「もともとこの世界に生まれてきた目的は、自分自身がめいっぱい楽しんで喜んで生きているのをみせるため。うまれつき股関節に不具合があったり、難しい病気になったのは、そのからだで、その足で、めいっぱい楽しんで生きている姿を多くの人に見せるため。それだけでいろんな人の役に立つから」とわたしはわたしの声に気づきます。
急に夫の姿が浮かんできて、以前同じことを彼に言われたことを思い出しました。
胸の深いところで、愛されていることやうまれてくることを祝福されていたんだということに気づいたようでした。
優しい気持ち、柔らかな感情がたくさんがこみあげて涙があふれてきました。
激しく動いていた制御できない全身の運動は、いつのまにか踊っている感覚に変わっていました。
からだを動かすことが楽しくてたまらない!うれしい!という喜びを全身で感じているかのようでした。
「踊ったり、書いたり、こんなふうにただ楽しんで表現していれば、いろんな人の助けになるんだ」というの声が聞こえました。そして日常生活で苦手だな・・・と感じている人たちがたくさん浮かんできて「その人たちがどんな反応をするか、どんな考えをぶつけてくるか、わたしの人生に関係ない。自分がただ目いっぱい人生を楽しみ、邪心なくただ喜んでいればそれでいい」と腑に落ちるものがありました。

そこでセッション終了の声が聞こえました。

リコネクティブヒーリングの後に起きた変化

後半、左の耳の後ろ辺りに強い痛みを感じました。2~3日前から同じ場所で感じていた痛みとまったく同じでした。
でもそれは、不快な痛みではなく、なぜか「何かが変わるときの痛みだな」と感じ、いつの間にかすーっと抜けて消えてしまいました。
はじまりから最後まで、恐怖や不安はまったくありませんでした。不思議ですが「戻っていく」という感覚でした。

リコネクティブヒーリング後、なぜだかわかりませんが持病を手放せたような感覚がありました。
肉体ではない自分のどこか深い場所にたくさんのエネルギーを湛えた1本の光の柱がたっているのを感じます。
なにがあってもそこに戻れば大丈夫、そんな安心感をもたらしているような光の柱です。
そしてその深い場所にある光の柱から、外側に向かって放たれている光も感じています。
ヒーリングから数週間たちましたが、宇宙の摂理を意識して活動されている方々に次々とお会いする機会が増え、
「いるべき場所にいて、会うべき人に出会い、やりたいことができている」そんな感じがして、ワクワクしています。

肉体のどこかに不調和を感じても、そこに意識を向けるとすぐ調整できるようになり、驚いています。
数日後、これまでのわたしだと躊躇したり尻込みしていたに違いないことを、するすると行動していました。
自分がどうしたいのか、どんな方向に進みたいのかがはっきりしたのも影響しているのかもしれません。

ビジョンやきこえてきたメッセージのようなものはわたしの潜在意識かもしれませんし、なにか違うものかもしれません。
しかし、どちらでもいいと感じます。
わたしの魂が喜ぶことを見つければ、自然と水は淀みなく素直に流れていくのでしょう。
これまでのわたしは「自我の喜び」なのか「魂の喜び」なのかを区別できないまま動き回り、楽しさを感じなくなったり、違う方向にむかって歯をくいしばって肉体や心を痛めつけながらがんばっていたのだと思います。
内側からわきあがってくる喜びを素直に出せるとき、その光は外にも放たれていき光をつれてまた戻ってくる。
日々の暮らしのなかで大切にしたいと思います。

(42歳・ヨーガセラピスト)

取材協力:ROSE in your HEART様
広島県東広島市三永
★リコネクティブヒーリングは遠隔でも受けられます★
http://roseinyourheart.com/
ハッピーリコネクション(広島)☆こころに咲く薔薇
FiLiP記事セラピスト紹介

関連記事

  1. eyechatch マユリ先生 癒しフェア東京2016で講演&ワークショップを開催!…
  2. menu 「サイキックリーディング」って何がどんな風に見えてるの?
  3. 160930_02 東京スクール&セッション 10月21日(金)~23日(日)
  4. eyechatch 気持ち良さから始まる信頼づくり「ラビング・プレゼンス」
  5. 161216_04 まゆり先生の遠隔リーディング入門に行ってきました!
  6. img_bio ビオダンサ イベント情報
  7. eyecatch サイキックリーディング入門&遠隔リーディング入門 東京 1月29…
  8. 40342895_m 悪い波動を受けやすい、溜めやすい。これって何とかならない?

カテゴリー記事一覧

  1. menu
  2. アイキャッチ
  3. coromandel-peninsula
PAGE TOP