体験取材

グラスの水を飲めば3日以内に目の前にヒントが現れる━シルバメソッド(3)

アイキャッチ

良くない習慣を変えられない、今後の方向性に迷うなど、「分かっているけどできない」「どうすればいいかアイデアが浮かばない」というときってありますよね? そんなあなたに、願望実現や課題解決に使える具体的なテクニック「シルバメソッド」の基礎コースを全6回のレポートでご紹介します。

※この記事は平日6日間の基礎コースのレポートですが、通常の基礎コースは4日間で学ぶことができます。

私たちはつながっている? 潜在意識のすごい機能。

宿題の結果発表! 前回学んだテクニックを実際に使ってみました。

◎頭痛のコントロール:
この1週間、たまたま頭痛が生じることが多かったので、頭痛のコントロールを試す機会に恵まれました(?)。早速テクニックを使ってみたところ、本当に不快さが取れるのでびっくり。最初の1回目からできました。偏頭痛の際は何度か繰り替えすこともありましたが、今後頭痛が起きても自分で緩和できそうです。

◎夢のコントロール:
こちらもいとも簡単にできました。しっかり思い出しメモを取ることができました。メッセージを受け取れるケースもあり、これは不思議で面白い!

◎3本指のテクニック:
緊張する面談があったのですが、3本指を合わせることでリラックスすることができました。理想的な雰囲気を予めイメージしておくことで、実際に想定通りの結果が得られました。

◎目覚めのコントロール:
これはうまくできませんでした。4時に起きて部屋を片付けることをプログラムしたのですが、日によって就寝が1時を過ぎることがあり「絶対起きらんない!」と思いながらプログラムしてもダメですね。潜在意識どころか顕在意識まで「無理!」の大合唱だと攻略できないと分かりました。実現可能と信じられる無理の無いプログラムから始めていく必要がありそうです。

3日目の今日もテクニックをどんどん学んでいきますよ!

私とあなたはつながっている? 可能性が広がる潜在意識のすごい機能。

eyecatch04
みなさん、こんな経験ありませんか?

・ふと思い浮かんだひとから電話がかかる
・会いたくないひととばったり出くわす
・欲しいと思ったものが手に入った

なぜそのようなことが起きるのか、潜在意識の持つ可能性について学び、活用できる範囲を深めていきます。
私たちの潜在意識が他者と繋がっていることや、どのようにすれば自然と必要な情報が集まり条件が揃ってくるのかを、氷山の図を使って学習します。
シルバメソッドのテクニックを使い、まだ教わっていない課題を学生が解いたことで不正を疑われたケースなど、国内外の様々な事例についても、どれも興味深いものでした。

このように、幅広い可能性を秘めた潜在意識ですが、プログラムを成功させるカギは一体何なのでしょうか。

大切な心構え「確信」「願望」「予期」

プログラムを成功させるカギとなるのは、「アルファレベルを活用すること」と「願望実現の法則を活用する」ことの2点です。

アルファレベルを活用するコツは掴めたように思います。もう眠りに落ちることもありません。
もうひとつの「願望実現の法則を活用する」とは、シルバメソッドのテクニックを使ううえでの、3つの心構え(態度)を指します。

「確信」 「願望」 「予期」

今日はこれら3つを高め維持する方法、願望実現の法則活用に使えるテクニックを学んでいきます。

テクニック10 マインドの鏡

自分の願望を実現するテクニックです。人に対しても良い方向に影響を及ぼすことができます。
細かいやり方と注意事項は書ききれませんが、アルファレベルでメンタルスクリーンに2種類の鏡を投影し、そこにイメージを想像していきます。
このテクニックを使うと、徐々に「実現するのが当然!」という感覚が生まれ、予期を高めてくれる効果があります。
潜在意識をうまく活用できれば、現在の状態と願望が実現した状態を、潜在意識が思いもしないかたちでつなげてくれるそうです。

私は結果が分かりやすい「早起き」を目標にセットしてみました。
朝4時に起きて、綺麗に片付いた部屋でコーヒーを飲んでいるイメージです。
家事を早朝に済ませることができれば、1日気持ちよく過ごせそうです。

hayashi

(林先生のワンポイントアドバイス)

「朝4時」が困難な場合は、時刻ではなく「部屋を片付ける」にフォーカスしてみるのも良いですね。やりたいことができれば、時刻は何時でもいいのかもしれませんよ。

セータレベルに初挑戦。痛み・出血の問題に取り組む。

3日目の今日はセータレベルに入る練習もしました。基礎コースでセータレベルに入るのはこの1回だけです。マインドを拡大することで、アルファレベルに入りやすくすることが目的です。
シルバメソッドでは、セータレベルに根付いた問題は緊急の痛みと出血、それ以外はアルファレベルで解決できると考えられています。

テクニック11 手の空中浮揚

より深い意識集中状態(脳波セーターレベル)に入るテクニック。
手の甲をゆっくり額にあてるだけで、アルファレベルより深いセータレベルに入ることができるようにプログラムします。

テクニック12 手袋麻酔

痛み、出血などの苦痛を和らげるテクニックです。

セータレベルに入った状態で、イメージの力だけで手のひらの感覚を麻痺させる方法を学びます。
麻痺した手の先は痛みも熱さも感じません。その手のひらを、実際に痛みや出血の部分にあてるだけで不思議と痛みが軽減したり、出血が止まったりします。

hayashi

(林先生のワンポイントアドバイス)

でも緊急時にゆっくり手のひらをおでこに当てたり、氷水の入ったバケツを想像したりなんてできませんよね。
緊急時や危険なときは、脳波は自然とセータレベルに入るため、「痛み無くなれ、出血止まれ」と宣言するだけでも被害を軽減することができます。

水に願いを託すと3日以内にヒントが目の前に現れる

テクニック13 グラスの水

問題解決方法やアイデア、情報を得るテクニックです。

夜寝る前と翌朝、ある宣言と共に一連の動作を行い、グラスの水を飲みます。
このテクニックによって、3日以内に現実の世界や夢にヒントが現れます。

このテクニックは「何かが分からないとき、ヒントが欲しいとき」に使えます。
例えば、情報やアイデア、解決手段、選択に迷うときなどですね。

夢のコントロールも同じようなときに使用できるテクニックですが、グラスの水との違いはプログラムの仕方と情報の得られ方です。より積極的に情報を得たいのなら、グラスの水をお勧めします。

潜在意識の3つめの働き 大いなる知性のサポートを受ける

このようなひらめきってどこからやってくるのでしょうね。
ここで潜在意識の3つめの働きについて学んでいきます。

みなさんは「願望は実現しなかったが結果は良かった」という経験はありますか?

・家を出るのが遅れたが、事故を回避できた。
・希望ではない会社に入社したが、第一希望の会社が倒産してしまった。
・入院することになったが、病院で運命のひとと出会った。

このように、言葉では説明できない大きな力が働いているような体験は誰もがしたことがあるでしょう。
シルバメソッドでは、このように私たちをサポートする存在を「大いなる知性」として、潜在意識の3つめの働きとしています。
この「大いなる知性」からサポートを受けるためのテクニックと、ベースとなる姿勢(出来事の捉え方)を教わります。

hayashi

(林先生のワンポイントアドバイス)

より高い知性は神様なのでしょうか? それとも仏様?
シルバメソッドでは、それを何と呼ぶかにはこだわらず、何かしらの私達を導いてくれている存在があるという前提で、そこからサポートを得る具体的な方法を教えています。

脳のプログラムを書き換えて禁煙、ダイエットに取り組む

テクニック14 習慣のコントロール

ダイエットや禁煙等の心の癖を改善するテクニック。

このレクチャーも私が最も学びたかったもののひとつです!
もう何十年もお酒の量と体重をコントロールできず、ずっと改善したいと思っていました。

そもそも、習慣とは何かを考えると、何度も繰り返すうちにパターン化され、脳に深く刻み込まれてしまったプログラムといえます。禁酒もダイエットも、いままでとは異なった方向を脳に示すことで、プログラムを書き換えることができます。

まずは、習慣の改善方法について、アルファ、ベータで考えてみます。考えがはっきりしたら、テクニックを使っていきます。
こちらも具体的な方法は実際の基礎コースで学んでくださいね!

習慣のコントロールのひとつ、辞めたいビールに×印をつけるというテクニックを試みようと思いましたが、大好きなビールに×印をつけることはできませんでした…。
いまの私にはお酒を全くゼロにするのは難しそうなので、2本目は飲まないとか、1本で満足できるとか、小さな目標から少しずつ習慣を変えていこうと思います。

hayashi

(林先生のワンポイントアドバイス)

「習慣を改善した方が良い」と頭(顕在意識)で分かっていても、潜在意識が「食べたい!」「吸いたい!」と思っていると、私達はストレスを感じます。その潜在意識の思いを無理やり頭で押さえつけようとして、『絶対食べない!吸わない!』などと頑張ってしまうと、潜在意識が大反発して、『食べたい!吸いたい!』気持ちが今まで以上に増してきます。その結果、リバウンドしてしまったり、前以上に吸う本数が増えたりしてしまいます。これを【努力逆転の法則】と呼びます。

ですから、顕在意識で『やる!』とか『止める!』と決めても長続きしない可能性がものすごく高いということです。だから、習慣を変えるコツは、潜在意識につながるアルファレベルを活用することです。アルファレベルを活用して、肯定的なアファメーションやマインドの鏡を使ったり、3本指のテクニックを使うなどして対処していきます。その方がはるかにストレスなく改善していくことができます。

また、習慣の改善成功に大きく関わってくるのは、習慣を改善したいという願望の強さと、習慣が改善された時の利益(喜び)や恩恵の明確さですね。

宿題は今日学んだテクニックの実践

今日もテクニック盛りだくさんの1日となりました。
いままで馴染みの無かった、イメージの世界にリアルな出来事を創造していく作業はどれもとても楽しく、感情を伴って取り組むことができます。
これらのテクニックはすぐに実践できることばかりなので、意識の幅を広げる練習として役立ちますね。
宿題は今日学んだテクニックの実践です。講師から「次回は大・小ふたつの葉っぱを持参してください」と言われたのですが、葉っぱで何をするんでしょうね。謎です。

クイックセミナー

シルバメソッドは、潜在意識(直感・第六感・予知力・透視力)を目覚めさせ、心・マインドと身体をより健全に導き、強化していきます。そして、人生上の長期的・短期的な夢の実現や問題を解決する方法を学びます。かつ、日常生活における物心両面の願望実現や問題解決において、それらが実現できるようにするためのテクニックを修得できます。
約2時間30分のクイックセミナーでは、シルバメソッドの核となる「願いを確実に叶える3つのポイント」を学ぶと共に、基本姿勢となるリラックスの体験をすることができます。

クイックセミナー詳細・日程はこちら

取材協力:シルバメソッド・クリエイト21様
東京都板橋区
★大阪での講座や出張・スカイプ講座なども開催しています★
http://www.1smss.com/
この記事を書いたひと
中平知見(なかだいらともみ)

中平知見(なかだいらともみ)

投稿者の記事一覧

フィリ広報担当。中平知見の頭文字を取って「ちゅー」と呼ばれています。猫とビールを愛する4児の母。ハタチの頃は御蔵島の野生イルカと泳いだり、フィリのバイトで色々なワークを受けてみたり。30代はWeb制作と子育てに追われ、気づいたらバリ島で2年間現実逃避生活を送っていました。バナナの葉っぱを眺めているときに「ハッ!そうだ、まだやらなきゃいけないことがあるぞ!」とミッションを思い出し、再びフィリに本腰を入れるべく、ここへ舞い戻って参りました。


関連記事

  1. conny2008-768x550 胎生学を元にしたボディワーク講座 by カーニー・オバーマイヤー…
  2. eyechatch 気持ち良さから始まる信頼づくり「ラビング・プレゼンス」
  3. P1010736 リコネクティブヒーリングで本来の自分に出会う
  4. レナード レナード・ジェイコブソン 2017年春 清里リトリート
  5. 20483080_m ロイス・サンリッチ インタビュー  クリエティブ・ラインティング…
  6. 161216_01 大阪セッション&サイキックリーディング入門のご案内 3月18日(…
  7. eyechatch ピーター・グルンワルドのアイボディ1日ワークショップと個人レッス…
  8. eyecatch 遠隔リーディング入門 東京 12月 4日(日)

カテゴリー記事一覧

  1. IMG_3340
  2. 12
  3. menu
PAGE TOP