瞑想の本

INTRODUCTION

eyecatch_meiso

人はどこから来て、どこへいくのだろう

何のために人生はあるのか

幸せは、悲しみは

苦悩は、何のためにあるのか

やって来ては、去る

果てしない繰り返し

果てしない疑問と不安

歓喜と慟哭

その渦の中から

誰が連れだしてくれるのだろう

その答えは、瞑想の中にある

すべてが存在する無

満ち足りた、深い静けさの訪れ

あなたの意識の光をすべてに当ててみよう

空は、雲は、空気は、大地は

どんな香り、どんな感触

今やってきた感情は、この暖かさは

そして、あなたはそのいずれでもなく

ただ、それをみるもの

ただ、あるもの

それを思いだすがいい

※この記事は下記FiLiより再掲載したもので、内容は当時のものです※

FiLi 別冊保存版「瞑想の本」魂のリラクセーションのために
2000年1月1日発行
有限会社フィラ・プロジェクツ
バックナンバー在庫無し

▶その他のバックナンバーを買う

この記事を書いたひと
フィリ編集部

フィリ編集部

投稿者の記事一覧

フィリは、ニューエイジ・ムーブメント、精神世界、 トランスパーソナル心理学に関するワークショップ、 セミナーのリアルタイム情報誌『FILI』として、1990年~2002年まで定期刊行を続けてきました。 まるでコンサートに行ったり、映画を見るように、 こうしたジャンルのセミナーやワークに気軽に参加できるようになれるといいね、 と精神世界の『ぴあ』を目指して有限会社フィラ・プロジェクツが1990年に雑誌としてスタートしました。
内容は、日本で実際に参加できるワークショップやセミナーなどを紹介する情報に加え、 アメリカ情報、ワークを受けた体験記などのページと、 自分の中心をしっかりもって意識的に生きている人々のインタビュー記事で構成しています。

イルカ結婚相談所

カテゴリー記事一覧

  1. eyecatch_meiso
    INTRODUCTION

  2. image_large
  3. event
PAGE TOP