セラピー

自分の中の傷ついた子どもに愛をおくろう「インナーチャイルド」

1980年頃からアメリカの心理療法家の間で提唱されてきたセラピー。さあ、童心にかえって、内なる故郷へホームカミング!

インナーチャイルドとは心の中に潜むもうひとりの傷ついた自分です。子どものころに、親から暴力を受けたり、性的な虐待をされたり、あるいは大人たちに気を使い自分の気持ちを押し殺し続けたりするとインナーチャイルドが現われるといわれています。人間は嫌なことを忘れようとします。しかし、記憶は無くなっても、インナーチャイルドは感情のエネルギーとして残ります。

インナーチャイルドをもっと知りたいあなたへ!
セラピー概要「インナーチャイルド」
この記事を書いたひと
フィリ編集部

フィリ編集部

投稿者の記事一覧

フィリは、ニューエイジ・ムーブメント、精神世界、 トランスパーソナル心理学に関するワークショップ、 セミナーのリアルタイム情報誌『FILI』として、1990年~2002年まで定期刊行を続けてきました。 まるでコンサートに行ったり、映画を見るように、 こうしたジャンルのセミナーやワークに気軽に参加できるようになれるといいね、 と精神世界の『ぴあ』を目指して有限会社フィラ・プロジェクツが1990年に雑誌としてスタートしました。
内容は、日本で実際に参加できるワークショップやセミナーなどを紹介する情報に加え、 アメリカ情報、ワークを受けた体験記などのページと、 自分の中心をしっかりもって意識的に生きている人々のインタビュー記事で構成しています。

イルカ結婚相談所

関連記事

  1. 世界のアスリートはなぜホメオパシーを使うのか
  2. 悪い波動を受けやすい、溜めやすい。これって何とかならない?
  3. シンギングボウル・ヒーリング
  4. マインドフルネスで自分ともっと仲良くなる方法
  5. 患者さんのために
  6. プロのボディワーカーとして最低限必要なこととは?
  7. ロイス・サンリッチ インタビュー  クリエティブ・ラインティング…
  8. 「燃え尽き寸前から、受け取れる私へ」 ~ファミリーコンステレーシ…

カテゴリー記事一覧

スピリットクレイ
イルカ結婚相談所
PAGE TOP